• TOP >
  • 訪問医療サービスのご案内

訪問医療サービスのご案内

訪問医療サービス

斉藤労災病院の医師が定期的にご自宅へ伺います

ご自宅など住み慣れた場所で、医師による診療を定期的に受けることができます。
地域のかかりつけ医療機関として永くあり続ける 斎藤労災病院の訪問医療なので、いざという時も安心です。
お仕事を休んでの送迎や付き添いといった、ご家族の負担を軽減いたします。

訪問診療スタッフと病院スタッフの連携を深め、 地域の皆様を法人全体でケアします。

  • 訪問診療スタッフ
  • 斎藤労災病院は、1947年の開設以来「患者さん本位の医療をモットー」に、地域医療に貢献できるよう日々診療に励んでいます。
    当院で行っている訪問診療は、状態が悪くなったら早期に入院し治療することを特徴としています。 早期入院と治療により早く元気になっていただくことで、ご自宅での生活を長くというのが当院の考えです。
    これは、急性期の一般病床と慢性期の療養病床を持ち、 有料老人ホームと介護医療院も併設している病院だからこそ実現できる特徴です。この強みを生かし、地域の皆様を、通院からデイケア、在宅医療に至るまで、当法人で一貫してお世話できる体制を目指しています。

訪問診療とは

医療機関へ通院することが困難な患者様に対して、 医師が定期的、計画的にご自宅等を訪問して、診療を行うものです。
かかりつけ医として定期的に診療させていただくことで、 いつもの様子や変化の兆候を把握できるため、 病床が急変した時にも、 患者様やご家族の希望に沿って対応することができます。

訪問診療とは

4つの特徴 斎藤労災病院訪問診療サービス

  • 4つの特徴
  • ●ケアマネージャー、看護師、介護師、各種療法師、診療所、病院などと密接に連携を図り、 患者様がご自宅など住み慣れた場所で最適な医療を受け、よりよい療養生活を送っていただけるように努めます。
    ●病状の急変時には斎藤労災病院がバックアップし、 受診や入院などに対応します。
    ●そのほかの緊急時には、 病状をお伺いしたうえで、必要に応じて訪問看護、往診、オンライン診療、 救急搬送等の対応をいたします。
    ●体調や病状に不安があるときには、 斎藤労災病院の内科、外科、整形外科など複数の診療科の医師に相談が可能です。

こんなサービスをご提供します

  • こんなサービスをご提供します
  • ●胃ろう、腸ろう・経鼻経管栄養
    ●在宅中心静脈栄養管理
    ●在宅自己注射
    ●在宅酸素療法
    ●膀胱留置カテーテル
    ●褥瘡(床ずれ)管理など

お薬について

  • お薬について
  • 訪問医療時に必要なお薬の処方箋を発行いたします。 ご家族が薬局に処方箋を持参してお薬を受け取れない場合は、 薬局から薬剤師が訪問し、お薬を自宅にお届けする制度(訪問薬剤管理指導)をご利用いただくことができます。

こんな方が対象となります

●病気や障害などで、ご家族付き添いでの通院が大変な方
●認知症などで、ご自身での定期的な通院が難しい方
●病気や障害で自宅療養中の方
●退院後のケアを必要とされる方
●自宅で医療や褥瘡(床ずれ)などの処置を行っている方
●カテーテルなど排尿や排せつの医療的管理を必要とされる方など

費用について

訪問診療にかかる費用は、一部を除き、医療保険や介護保険が適用されます。 患者様のお住まい形態やご病状により異なりますので、ご不明な点があれば当院までお問い合わせください。 (令和6年6月~)

月2回ご自宅等で訪問診療を受けられている患者様の目安 (医療保険1割、介護保険1割の場合)

費用について

ご利用までの流れ

  • ご利用までの流れ
  • (1)ご相談まずはご本人やご家族がかかりつけ医またはケアマネージャーにご相談、ご依頼ください。
    もしくは窓口に直接お電話ください。
    斉藤労災病院
    地域医療連携課
    電話 043-227-7437
    (2)お申し込み・ご契約 ご相談後ご利用を希望される場合は、お申込のうえご契約いただきます。
    (3)訪問診療患者様の病状や状態に応じて計画を立て、月に1~2回ご自宅等に訪問いたします。
ご利用までの流れ

<訪問地域>

訪問地域
訪問医療サービス

<アクセス>

アクセスマップ
電車JR千葉駅下車
バス京成バス9番のりば
「千城台車庫行」または「御成台車庫行」
2つ目の停留所「道場」下車
進行方向右手になる緑の看板
「斎藤労災病院」を右折し約100m