病院の病床を転換した介護老人保健施設「なごみかん」

斎藤労災病院に隣接して開設された「なごみかん」は、千葉市初認可の「介護療養型老人保健施設※」です。24時間看護体制や医療処置が必要な方の受け入れなど、同法人運営の斎藤労災病院のバックアップによる医療と看護に重点をおいた介護が特徴となっています。
「なごみかん」を運営する医療法人社団「福生会」では、斎藤労災病院をはじめとし、介護付き有料老人ホーム、通所リハビリテーション、居宅介護支援事業所といった医療・介護施設を永く運営しており、地域のみなさまから信頼を得ています。

※介護療養型老人保健施設とは
療養病床から転換が認められた施設で、胃ろうや痰の吸引、経管栄養といった医療的なケアを必要としている方も受け入れることができます。夜間の看護師の配置が義務付けられ、介護サービスとともに、医療的なケアを提供しています。介護療養型老人保健施設は、ターミナルケアや看取りにも対応しています。